GLITTER'S BLOG

2014年7月10日 木曜日

モニター

こんばんわ~青山です(*^^*)

脳性麻痺などの運動機能障害を持つ子ども逹の発達を促す治療では姿勢の安定性や運動の協調性が非常に重要な要素です。

マッサージにプラスして今後新しい治療も始めていきたいと思っています。

大学病院で実際脳性麻痺の児童に行ったデータを見せていただきました。

結果は、中枢側の筋活動の高まりが姿勢安定につながり、末梢側の筋活動は軽減するとゆう新たな筋構築活動様式が構築され、日常の随意的な姿勢、動作に組み込まれ学習される可能性が高くなるので、全身の筋がその瞬間、瞬間の姿勢に合わせ効率よく活動できるようになり運動発達を促す一因となる可能性があると思われます。

マッサージで変形予防、筋緊張、関節拘縮などの予防、脳内マップ構築をしていき
脳内マップの構築はご自宅でもできるので覚えていただき、この治療を組合わせれば……(*^^*)

秋には導入していく予定です。
その前にGLlTTERでもデータをとりたいのでモニターになってくださるお子さまを募集しょうと思っています。

よい結果を出してたくさんの子ども逹に少しでも出来ることを増やしてあげたいので
これからも頑張っていきます。




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 GLITTER

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          


大きな地図で見る

名古屋市名東区陸前町3308-2